大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

意外と職ってあるのかも?(辞める決心3)

rss follow us in feedly

 

新卒の就職活動と、転職。

 

一緒に考えていました。

 

新卒の就職活動って結構厳しかったイメージがあります。

有名大学でも内定が1つももらえないとか、就職留年だとか…… 

 

まぁ、これらのイメージは某就職サイトの煽りもあるとは思いますが、その話はまたの機会に。

とにかく、新卒の就職は難しかったイメージ。

 

 

さて、転職はどうでしょうか?

 

私は転職活動を始めて驚いたことが2つありました。

 

 

1. リクルーターの存在

 

1つめはリクルーターです。

 

DODAとリクナビ転職に登録しましたが、どちらも登録して数日後にリクルーターから電話がかかってきました。

 

最初は希望する条件などを聞かれて、まぁ紹介された会社も想像通りだったので、こんなもんかーっと思って放置していました。

 

すると、登録してから1ヶ月後、いろんなリクルーターから電話があり、いろいろ会社を紹介してくれました。

 

コンサルタント専門のリクルーター、外資系専門のリクルーター、金融系専門のリクルーター等々。

 

彼らによると、メーカーでの勤務経験は非常に役立つとの事。

 

コンサル相手がメーカーだったり、金融系のシステムもメーカーが導入してたりしますしね。

 

ここで、私は自信を持つことができました。

 

意外と転職口って多いんだなぁ。

そして大手の転職先も意外とあるんだなぁ、

 

と気が付きました。

 

リクルーターはお金になるので、いろんなリクルーターが声をかけてくれます。

 

 

2. 転職フェアは就活のそれとは違う

 

2つ目は転職フェアです。

 

転職フェアでは企業がブースを構えていて、そこに行って、履歴書と交換に人事や会社の方々と1対1でお話をします。

まず新卒の就活と違うのは、相手方と周りの態度です。就活の時は会社側もこちらを学生として見てくるので、あまり親身になって話してくる事が少なかった印象でした。周りの就活生も意識が高く、我先にみたいな感じだったので疲れた記憶があります。

 

しかし、転職フェアではそもそも参加者が少ない。平日ですしね。

 

少ないから会社の人とゆっくり話せます。 

中には、こんなに素晴らしい経歴をお持ちで、是非うちを受けてくださいって言ってくれた方もいました。結構名のしれた会社だったのでリップサービスだったとしても、嬉しかったですね。

 

これも自信になりました。

 

 

3. まずは行動すること

 

 

転職は、そもそも活動を始める人が、少ないのかもしれません。活動を始めてみると段々と自信がついていって、辞めても大丈夫かも?と思えてきます。

 

ただ、今お勤めの会社にはバレないようにやる事だけ注意です。

 

 

 

ちなみに、あくまで個人的な感想として。リクナビのリクルーターは、ホント酷かったです。

私の気持ちを考えず、「私の経験はこうで、あなたはこの企業しか似合わないわ。」

みたいな紹介を小一時間されました。ちょっと挫けそうになった程で、どんだけ自分好きなんだよお前はって突っ込みたくなりましたね。

リクルーターは山ほどいるので、使うなら選びましょう。リクルーターは使わなくてもいいです。

 

前の記事↓

 

https://www.maker-quit.biz