大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

2流は3流と仕事する(前職の不満点9)

rss follow us in feedly

どうも。相変わらずプロジェクトが上手くいかなくて鬱気味の私です。

 

 

前職に居た時に、私の胸に響いた言葉。私の転職願望を駆り立てた言葉あります。

 

 


f:id:pxeno:20190305212708j:image

 

それは、

 

「1流は1流と仕事をするが、2流は3流と仕事をする」

 

という言葉でした。

 

ふと目についた記事だったと思ったのですが、誰かがこんな事を言っていました。

 

これまで不満点をツラツラと書いてきたので、御察しの通りですが、私は自分が居た企業を2流だと思っていました。

 

もちろん大手メーカーですので、「俺の会社は1流だ!1流企業に就職できた!」と思って居た方々も大勢いました。そんな方々には申し訳ないのですが、私は1流と感じた事は1時もありませんでした。 

 

そもそも経営赤字ですし。新人研修の質、ひどいですし。配属の仕方、頭悪いですし。

 

 

まぁ、そんなウダウダした事を思っていた矢先に、先ほどの言葉を目にしてしまったのですね。

 

では3流とは。 あまり言葉が良くないのですが、私が感じていた事を正直に書かせて頂きます。それは、我々が発注する下請け企業でした。

 

一握りに優秀な2流くらいの下請け企業はありましたが、それ以外のほとんどが自社よりひどかったです。納期は守らない、バグは出しまくる、テストはしない。

 

もちろん、私が1流だと思う会社、頭いいなと思う会社に仕事を発注しようと思いました。

しかし、大きな企業って「これまで取引した事あるの?」「実績は?」「若い会社でしょ?」と、古い概念に縛られてこれを許してくれないんですね。

それで結局、3流会社に発注することになる。3流会社は競争相手がいないので、甘えてこちらに色々と駄々をこねてくる。金を無駄に釣り上げてくる。

 

そんな状態が、私の居た大手日本メーカーでした。

 

 

先ほどの言葉を読んだ時の夜をよく覚えて居ます。

 

 

「俺は2流なんだぁ。。。。。。。 あれだけ勉強して、あれだけ大学で頑張ったのに、2流だ。。。。。。」

 

 

今、私が仕事を発注している会社は、こちらの仕様が足りないと、バンバンアイディアを出して、それを修正しようとしてくれます。

自分の会社の事だけを考えず、どうしたら成果物が良くなるか、を一筋に考えてくれます。要は100を頼んだら120で返してくれます。

 

1流2流3流なんて、個人の考え方でしかないものですが、

 

間違いなく1流の会社と仕事をしているという実感があります。

 

スピードは早いですし、正確ですし、無駄がありません。

 

転職してよかったですね。

 

 

 前の記事↓

 

maker-quit.hatenablog.com