大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

笑うって事(転職後の喜び4)

rss follow us in feedly

 

笑いの力ってすごいと思うんです。

 

私が受験でいい大学に進学できたのは、塾が楽しかったからでした。

 

クラスメートも、先生も冗談を毎回言うんですよね。

 

かと言って勉強をしてないわけじゃない。笑いながら勉強するから、いい感じに肩の力が抜けて、すっと知識が入ってくる。問題も解ける。

 

 

私が通っていたテニススクールの先生も冗談が上手でした。フォームとか打ち方を冗談を交えて説明するんですね。意外とこれが覚えが早くなる。

 

 

今の会社はそんな雰囲気です。

 

私 さっきAさんがこんな事言ってましたよ(笑)

 

Bさん あははー Aさんやっぱりそういうとこあるよねー

 

Aさん 俺ってそんなアホですか?(笑)

 

みたいな会話とか、昨日客先で怒られちゃってさーみたいな会話とかが、毎日飛び交ってます。笑ってるんですね、みんな。

 

だから会社が物々しくない。かといって真面目にやる時はやる。冗談を言える人って頭の回転も早いんですよ。

 

 

なぜ前職のオフィスはあんなに物々しかったのか…

 

なんか、ちょっと笑っただけで、怠けてないで仕事しろ、とか、うるさいこっちは集中してるんだ、みたいなネガティブワードが飛んできそうな雰囲気でした。

 

ちょっと粋がった言い方をさせて頂くと、バカ真面目。

 

どっかの本にも書いてありましたね、雑談のない会社はやばい、と。

 

 

今の会社の雰囲気はほんとに良く、メリハリが、はっきりしています。働くときは働く、肩の力を抜く時は抜く。

 

意外と肩の力を抜いている時に新しいアイディアが浮かんだりするもんなんです。

 

前の記事↓

 

www.maker-quit.biz