大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

誰のせいにもできない(転職後の悩み7)

rss follow us in feedly

 

転職後の悩みシリーズです。

 

今回は大企業からベンチャーに転職したからこその悩みだと思います。

 

それは、「誰のせいにもできない」です。

 

 

大手では責任を誰かのせいにできます。

 

若ければ上司のせいにできます。また、会社全体のせいにしてしまうことも可能です。

中には上司が部下の責任にしているケースもあります。

 

企業のトップが「君の責任だろ!なんとかしろよ!」なんて言っているケースもありますね。呆れますが。

 

 

ベンチャーではこれができません。プロジェクトの全権を任されたりするので、「誰々のせいでこうなった」とか「会社のせいでこうなった」とか言えないですし、思えません。

 

そんなの当たり前じゃん? と思われるかもしれませんが、これは精神的に辛いのです。

 

大企業にいる方はよく愚痴を言われていると思います。上司がこうでーとか、同僚がこうでーとか、会社のシステムがこうでーとか。私も前の会社ではそういう時がありました。

それってある意味現実逃避というか、ストレス発散だと思うんですね。

 

それができません。全て自分のせいです。

 

ですので、前にも書きましたが、自分がミスをした時には、一気に責任が一人にのしかかるのです。

 

ここで真面目な人であれば、「私が全て悪い・・・ 私のせいだ・・・ 私なんて生きる価値もない・・・」 なんてなってしまう可能性があります。

 

 

幸い私は「まぁ、生きてればいっか」「なんとかなっか」、みたいな性格をしているので、生き永らえてます。

 

真面目な方は、よっぽどの理由がない限り、大企業からは出ない方がいいと思います。

 

やりたい事をやる、自由に生きる、ためにはそれなりに覚悟が必要です。

 

前の記事↓

 

maker-quit.hatenablog.com