大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

おバカな働き方改革(前職の不満点13)

rss follow us in feedly

 

働き方改革。

 

 

最近どこの業界、会社でも進められてますね。

 

その影響か、現に18:00くらいの電車は、ひと昔前に比べて混んでますよね。

 

  

仕事柄、大手企業から中小企業まで、お相手させて頂くことが多いのですが、働き方改革の進め方は、多種多様です。

 

私がいた大手メーカーは、

 

勿論、とってもおバカな働き方改革をしていました。

 


f:id:pxeno:20190124021422j:image

 

 

1. とりあえずやっておけば良いという風潮

 

特に私が二年で辞めた前職の大手メーカーの働き方改革は、おバカと言うしかない代物でした。

 

なんというか、とりあえずやっておけ、みたいな風潮があったんですよ。

 

残業を減らすためには、働く時間を減らさないといけません。

 

働く時間を減らすには業務を効率的にしないといけません。

 

しかし、前職のメーカーでは業務を効率的にするために、何をしていたか?

 

・「業務効率をあげて働きましょう」と偉い人がいう。

 

・残業時間が部で減っていなかったら、部長が上から怒られる。

 

以上。

 

 

何ということでしょう。

 

精神論です。

 

とりあえず言っておく。とりあえず制度を作っておく。

 

それだけです。

 

遅いパソコンを使わされたり、使いづらいシステムを使わされたりしてるのを我慢してる身にとっては、本当に腹正しかったです。

www.maker-quit.biz

 

 

業務効率化をITで解決、なんていう頭はありませんでしたね。

 

一応メーカーなんですけど…

 

 

2. 混乱する現場

 

こんな状態になって、現場がどうなっていたか?

 

まず、朝早く出社する人が増えました。

 

早残は残業代出ませんし、記録にも残りませんからね。

 

残業すると残業代がついて、労働時間の記録がつくんですよ。

 

労働時間が増えちゃうと上に怒られるので、朝やろうと。

 

働き方改革で、サービス残業を増やす事になってしまってるんです。

 

全然、根本的な解決になってませんね。

 

 

 

それから、昼ごはんを食べれない人が増えました。昼休みに仕事してますからね。

 

また、給料に文句を言う人も増えました。

 

大手メーカーって残業があって初めて、そこそこの給料と言われますからね。

残業がなければ、中小企業と給料は変わらないのです。

 

働き方改革をしている方々は、管理職で残業が固定な人達なので、問題ないんでしょうが、いつも迷惑を被るのは若手です。

 

 

また残業が規制されたので、派遣社員や出向社員に仕事を任せて、自分は早く退社する正社員が増えました。

 

その結果、職場の雰囲気は最悪になっていました。

www.maker-quit.biz

 

 

3. 賢い企業は賢い

 

そんな現場を見ていて、今の職場でいろんな会社の方々から改革のお話を聞くと、

あぁ、賢い会社は賢いんだなって、関心します。

 

例えば、印刷が高速になる印刷機を一気に購入したり、PCのスペックを一気に高くしたり、無駄なプロセスを徹底的に洗い出して排除したり、と

 

賢くやっている会社はやっています。

 

 

ですので、大手メーカーとか、大企業が全てバカではないんだと思います。

 

一部の大手メーカー、大手企業が、何かが原因で腐っている状況なのだと思います。

 

まぁ、腐っている方が多いと思うんですけどね。

 

※印刷機で思い出しましたが、私が所属していた最後の年に、印刷機が私の部署で刷新されました。刷新された理由は分かりませんが、印刷スピードが遅くなってましたね。予想は付きますが、印刷スピードよりも印刷コストを選んだんでしょう。つくづくバカだと思いましたよ。それで消費される社員の労働時間の方が損害大きいってね。

 

前の記事↓

www.maker-quit.biz