大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

いくらでも腐れる(前職の良い点3)

rss follow us in feedly

 

さて、前職の良い点ですが、3記事目となりました。

 

今日はいくらでも腐れる、という話です。

  


f:id:pxeno:20190304002842j:image

 

1. ベンチャー企業では腐れない

 

ベンチャー企業では腐れません。

 

腐った瞬間に首か、仕事がなくなります。

常に自分を磨き、スキルアップしていく志がないとベンチャーには居られません。

 

下手をすれば、自分の能力不足のせいで会社がなくなります。

 

誰かに頼って生きていくことは出来ないわけですね。

 

上司のせいにも社長のせいにも、別の社員のせいにもできません。

 

自分で生きていかなければなりません。

 

 

40歳で、会社がなくなった。首になった。 

 

そんな時に 、自分の市場価値が低く、全然転職が上手くいかない、という状況を考えるだけで恐ろしくなります。

 

無職の中年男性

 

という言葉が頭をよぎります。

 

 

2. 大企業ではいくらでも腐れる

 

一方、大企業では?

 

いくらでも腐れます。酷いケースでは、

 

一日中自席でネットサーフィンをしていても首にはなりません。

 

友人の会社でも、体調が悪いと言って、頻繁に休む人がいるようです。

勿論ズル休み

 

友人曰く「なんで休みの連絡が毎回出勤時刻過ぎてからなんだよ、来る気があって体調悪いなら、出勤時刻前に連絡するはずだろ」

 

とのことです。

 

無駄に外出が多い上司の話もよく聞きます。

 

恐らくサボってるか、旅行にいきたいだけ、とのこと。

 

これって楽ですよね? 人によっては天国なんじゃないでしょうか?

 

高い給料もらって、成果もあげずに、会社にしがみつく。 

 

勿論、その人達の相手をする側はたまったもんじゃないですが、それが大企業です。

 

 

3. どちらの人生を送りたいか、よく考えて転職を

 

腐ってもいい環境、腐ってはいけない環境。

 

その両方を私は経験しましたが、どちらの環境で生きていきたいかは、よく考えて転職するべきです。

 

腐ってはいけない環境は、周りが活き活きしているので楽しいです。

全員が前向きで、目標に向かって一丸となって進んでます。

 

他人に嫌味を言う人間や、怠慢に過ごす人間も少ないです。

 

しかしながら、少しの怠けも許されない環境でもあります。

 

プロジェクトが一段落していて、仕事のない土日でも、スキルアップをしようと技術書を読んだり、英語の勉強をしようとしてしまいます。

 

また、お金の無駄遣いも出来ないですね。

 

いつお給料が貰えなくなるか、分かりませんからね。

 

 

会社に縛られて窮屈な人生を送りたいか。

 

人生のリスクに縛られて窮屈な人生を送りたいか。

 

 

そう考えると、

 

腐った側の人間で悠々と人生を送るのも悪くないかもしれませんね。

 

 前回の記事↓ 

www.maker-quit.biz

 

 

 前回の前職の良い点記事↓ 

www.maker-quit.biz