大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

同じ夢を見る同期がいること - 大手企業内の安息 (前職の良い点5)

rss follow us in feedly

 

これだけ不満を書き連ねている前職でも、良い点は少しはありました。

 

前にも書きましたが、1つは同期です。

 


f:id:pxeno:20190226235625j:image

 

1. 夢をぶち壊したとある証券会社の説明会

 

今朝、就活の時を、ふと思い出しました。会社説明会で、とある証券会社に行ったんですよね。

 

その説明会のテーマが「あなたの夢とは」みたいな感じだったんですよ。

 

それで、若手社員への質問コーナーになった時に事件は起きました。いくつかのグループに別れて質問していたのですが、とある学生が、「〇〇さんの夢はなんですか?」って聞いたんですね。

 

確かに説明会のテーマが夢だったんで、まぁ短絡的だけど真っ当な質問かなと思いました。

 

しかしその気だるそうな社員はこんなことを言ったんですね。

 

「俺の夢? そんな事聞いてどうすんの」

 

そこのグループだけ空気が凍りついたのが分かりましたね。

何か理由があってそういう事を答えたのだと思いますが、私としては他人に夢も語れないような人が居る会社。と映りましたね。

 

まぁ、証券会社って夢もクソもないのかもしれませんが。あるのは金だけ、みたいな。

 

 

それに比べると前職はメーカーという名がつくだけあって、自分のやりたい事を持っている若手社員は多かったです。

 

 

2. ある程度同じ志を持っている人間と出会える 

そう考えると、大手メーカーの就職も悪くないなと思います。

 

私と同じ様な志を持ってメーカーに入社してきた人間も少なくなかったです。

 

それに一応は「大手」という事だけあって、大学名もなかなか有名なところが多かったです。優秀です。

 

今でも彼らとは、こんな事をやりたいとか、こんなトレンドがあるとか、ディスカッションを交わせる仲です。

 

そんな同期だけは、前職で得た宝物ですね。

 

 

3. 優秀な人間ほど会社を去る

まぁ、大半が上層部の怠慢に邪魔をされて、会社を去ったのは言うまでもありませんがね。

 

彼らも私と同じ様に、とりあえずは大手に入っておく、という固定観念に負けて大手メーカーに入社してきていました。

 

入社してからメーカーの実態に絶望して、愚痴が多くなって、次々と辞めていきましたよ。

 

でも、元大手メーカー同士、将来起業でもしようか? みたいな話もなることがあります。

 

今後も彼らとの縁は大切にしたいです。

 

そういった繋がりを持てたという面で、大手メーカーへの新卒での入社は良かった(?)かもしれません。

 

前の記事↓

 

https://www.maker-quit.biz

 

前職の良い点シリーズはこちら↓

https://www.maker-quit.biz