大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

大手企業からベンチャーに転職後は? 毎日が自分との戦い (転職後の喜び12)

rss follow us in feedly

 

転職を決めたその日、僕は自分と戦えるようになった。

 

そんなキザなセリフが吐けそうなくらい、転職した後は自分との戦いになりました。

 

戦えるようになった

 

というのには2つの意味があります。

 


f:id:pxeno:20190225084417j:image

 

1. 無駄な戦いを繰り返す大企業生活

 

頭の悪い社員と仕事をする事になり無駄に喧嘩をする。

 

上司からどうでもいい仕事が降ってくる。

 

下請けが全然動かない。

 

昔の人間が残した仕事が雑すぎて、何も知らない新人が責任を取らされる。

 

 

大企業において、無駄な悩みや喧嘩は挙げたらキリがありません。

 

それが会社の利益に繋がったり、良いものを開発するためだったらいいのですが、大抵はどうでもいい事で喧嘩や戦いを強いられます。

 

私は人だけではなくて、おバカ社内システムとも戦ってましたしね。

 

自分との戦いどころではありませんよ。

 

戦う相手や対象が多すぎました。

 

ですので、やる気がなくなって、自分磨きをしなくなる大人が蔓延してしまうのも、身を持って感じました。

 

転職することで無駄な戦いが減りました。

 

それが自分と戦えるようになった、の1つ目の意味です。

 

 

2. 自分の決意を曲げない戦い

 

転職を決意した時、私には不安がありました。

 

この不安こそ、今の私の戦い相手です。

 

不安はいろいろあります。

 

 

自分のスキルは市場価値に見合ってるか?

 

まだまだ成長できるか?

 

自分の仕事は会社に貢献してるだろうか?

 

自分は転職を後悔しないだろうか?

 

と。

 

そして、自分の中で戦いが始まります。

 

怠けてる場合じゃない。そんな事を考えてる暇なあったらスキルを磨こう。

 

明日の仕事も100%出し切ろう。

 

今の自分の問題点を洗い出そう。

 

 

そうやって自分を磨く事に、思考を転換する癖が付きました。

 

そうすることで不安を払拭できます。

 

大企業をやめた以上、自分の足で歩んでいかないといけません。

 

そのために自分の不安と毎日戦っています。

 

自分の怠慢さとも戦っています。

 

 

3. 他人のせいにしたいか、自分の責任と戦うか

 

私は自分との戦いをした方が有意義に感じます。

 

日々の成長も実感できますし、揺るがない精神を身に着けていけてると感じています。

 

しかし、自分と戦うことは疲れます。

 

真面目な人だと自分を追い詰めて鬱になってしまうかもしれません。

 

そういう意味では他人のせいにして生き続けられる大企業生活も楽かもしれません。

 

上司のせい、部下のせい、社長のせい、株主のせい、会長のせい

 

どちらが良いかは人それぞれ。

 

生きたいように生きれば良いと思います。

 

 

今日も私は自分と戦っています。