大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

大企業で働くと時間が短く感じる、危機感(前職の不満点26)

rss follow us in feedly

 

今日こんな動画をYoutubeで見つけました。

 

なぜ大人になると1年が短く感じるのか?

 

思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか?

 

私にとって、前職の大手メーカーで過ごした2年間は、これまでに無い程、短いものでした。

 

体感ではそうですね、4ヶ月くらいです。 転職してからの2年感はそれに比べると、5倍くらい長いですね。(もう5年くらい経ってる気分)

 

 

なぜ大手メーカーにいると、時間を短く感じてしまうのか、理由をあげます。

 

 

1. 関係各社を自社に呼び寄せる

 

不思議ですが、私の前職は関係会社を自社に呼び寄せて打ち合わせをすることが多かったです。

 

前にも以下のような記事を書きましたが、 

www.maker-quit.biz

 

「バカ真面目」な方が多いので、忙しいという理由で、下請けの会社等は自社に来させるんですよね。

 

来てもらった方が交通費が浮く。移動の時間が取られない。

 

確かに正しい事を言っているのですが、今はそんな時代じゃないんです。

 

「たまには相手の会社に行って、少し気分を変えてディスカッションをしよう」

 

とか、

 

「いつも来てもらっているので、たまにはお伺いしますよ」

 

とか。

 

そういう考えがないんです。ですので、2年間で私が外出したのは、数えられる程でした。

 

たまには環境を変えて話し合えば良いアイディアも出るでしょうに。

 

ということで、2年間、休みの日以外はずっと家と会社の行き来をさせられていました。

 

同じ道、同じ時間、同じ場所

 

そういった生活を繰り返していると、「人生が短く感じます」

 

 

2. 三年経って初めて1人前?

 

三年経って初めて一人前。そんな雰囲気が社内には溢れていました。

 

同期も口を揃えて言っていましたが、新人を過小評価し過ぎです。

 

2年も会社に居たのに、ずっと研修状態だった。

 

そんな気分がしました。

 

2年間が4ヶ月に感じてしまうのは、正にこれかもしれませんね。

 

研修ってOJTも含めると4ヶ月くらいですかね??

 

もちろん、短い期間で1人前の技術になれるとは思ってもいませんが、それにしても過小評価し過ぎです。

 

昔は技術を覚えるのに2年〜3年かかったのかもしれません。

 

しかしながら、今の時代は

 

「インターネットで何でも知ることができます」

 

です。

 

学生の頃に既にビジネス経験、開発経験をしていた私にとっては、2年間丸々研修をさせられていた感じです。

 

 

 

3. 全てが遅い

 

手続きや処理の全てが遅いのが、私の前職、大手メーカーでした。

 

開発会社への発注手続きには1ヶ月かかったり、自分の仕様書の確認に2ヶ月かかったり。

 

それまでの私の常識とは、スピード感がかけ離れていました。

 

もちろん、そこには丁寧さだとか、必要なことがいっぱいあるのだと思います。

 

しかしながら、「非効率」という言葉で片付けても良いプロセスが沢山ありました。

 

こういう非効率な環境にいると、どうしても脳みそが麻痺してしまい、時間を短く感じるようになります。

 

1日で出来ることが1ヶ月かかる訳ですから。

 

例えば、皆さんのスマートフォン。

 

アプリ1つの起動をするのに5秒くらいですかね?かかりますよね。

 

それが200秒になってみてください。

 

1回開くごとに195秒損をします。

 

そして、最初は「アプリ起動するの遅いなー」って思っていても、気がついたら、

 

これが普通

 

と思ってしまうんです。

 

これはとても怖いことだと思います。

 

あのまま、前職を続けていたら、私の40年という社会人生は、5年くらいの感覚で終わってしまったかもしれません。

 

 

 

ある時気づいたら、時間があっという間に経っていた。

 

このまま何もしないで死んでいくのだろうか・・・・?

 

 

そう思ったら転職の時かもしれません。

 

前回の記事↓ 

www.maker-quit.biz