大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

妄想を現実にしよう - 映画「LIFE!」を観て (辞める決心5)

rss follow us in feedly

 

大手企業の分類に入る、とある大手メーカーを新卒2年で辞めた私は、ある映画の影響を心のどこかで受けたような気がします。

 

ベンチャー企業に転職した今、ふと、

 

映画「LIFE!」

 

の事を思い出したので、この映画をお勧めすると共に、私の転職の決心となった理由をご紹介します。

 

LIFE画像

 

1. 映画「LIFE!」とは

 

ネタバレにならないように、ご紹介はあらすじ程度にしたいと思いますが、

 

映画「LIFE!」とは、

 

洋題「The Secret Life of Walter Mitty」(ウォルター・ミッティーの秘密の人生)

 

です。

 

LIFE!/ライフ オリジナル版 (字幕版)

 

 

主人公のウォルターはライフ誌で働く地味なサラリーマン。

 

何かある度に妄想(ゾーンアウト)してしまう癖があり、周りにバカにされる生活を送っていた。

しかし、とある出来事がウォルターを変え、彼を未知なる旅へと駆り立てる。

 

 

 

2. なぜ私が「LIFE!」に惚れたか

 

と、これだけの情報だと、よくある話に聞こえるかもしれません。

 

実際に話しも割と理解しやすいし、単純なんです。

 

 

しかしながら、この映画、最初から最後までの雰囲気がとても洗練されています

 

映像美もさることながら、それらの映像に合わさる映画音楽は、哀愁漂うロック。

 

今の生活で不自由なんだけど、何か大切なことをしていない気がする。

 

今の生活は何か違う気がする。

 

そんな気持ちを駆り立ててくれる要素が、この映画にはありました。

 

実際に前職の通勤路では、よくこの映画の音楽を聴いていたのを覚えています。

 

Spotifyで「Walter Mitty」と検索すれば出てくるので、興味がある方は聴いてみてください。

 

 

3. 人生は物語になる

 

この映画のラストシーン。へぇーって感じで終わるのですが、私の解釈をネタバレにならないように述べます。

 

この映画は、妄想大好きなウォルターが旅に出る話なのですが、1つ重要な気づきがあります。

 

それは、

 

妄想は誰でもする

 

という事。

 

 

確かにこの映画のウォルターは極端で変人なんですよ。

 

会話中に妄想しちゃったりとかね。

 

でも、

 

将来結婚したらこういう家庭を持ちたい、とか。

 

こういう会社員人生を送りたい、とか。

 

みんな勝手な妄想はよくするものだと思うんです。

 

 

そう考えると、ウォルターの性格は誰にでも共感できる部分があります。

 

そしてウォルターは旅に出ます。

 

そして、旅から帰ってきた時のシーン。

 

我々は、

 

彼の人生は妄想の様に物語になった

 

というメッセージを感じ取らずにはいられません。

 

映画を観ていない方は、是非このシーンを深く考えながら見てください。

 

 

旅って大変なんです。

 

冒険って大変なんです。

 

実際、映画でもこんな感じですし↓笑

é¢é£ç»å

 

ですが、その旅が終わった時、人生は物語になるんです。

 

 

私は思いました。

 

普通のサラリーマンで死ぬまで平凡な人生を過ごしました。

 

という物語を描くか。

 

それとも、

 

挑戦し続けて、バカにみたいな失敗もしたけど、意味のある人生を過ごした。

 

という物語を描くか、と。

 

 

転職は大変です。ベンチャー企業で生きていくのも実力社会で大変です。

 

実際に私はここ二ヶ月、死にそうなくらい辛いことが連続で起こりました。

 

しかし、それらが解決出来た時、達成感が凄いですし、終わってみれば笑い話です。

 

 

人生どうやって生きる?

 

そんな問いかけを圧倒的な映像美と、それに深みを出す音楽で彩っているのが、

 

私が今回お勧めする

 

映画「LIFE!」

 

です。

 

前の「辞める決心」記事↓ 

www.maker-quit.biz