大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

大企業を辞める前に身に着けておきたい事 - 成長のために(転職のアドバイス9)

rss follow us in feedly

 

4月ですね。

 

以下の記事にもあるように、入社初日での退社が話題になっていたり、10連休のゴールデンウィークでのバックレ退職が懸念されていたり、

 

新卒退職の話題がなかなかホットな時期です。

 

www.bengo4.com

 

 

新卒2年で大企業を辞めた私が人の事を言えませんが、せっかく入社した会社ですので、多少の我慢をしてでも、辞める前に以下の能力は、付けておいた方が後々人生で得なのかなと思い、今日の記事を書きます。

 

ある意味、ちゃんとした会社だからこそ腰を据えて身につけられる能力もあると思います。

 


f:id:pxeno:20190411135307j:image

 

1. 打ち合わせでの発言力をつける

 

無駄な会議。

 

バリバリのベンチャーでもない限り、多いですよね。

 

会議をする事で安心する人が多いのは事実だと思います。

 

しかし、新人にとっては絶好の練習の場でもあります。

 

他人が発言している中、自分の意見をどう乗せていくか。

どのようにその意味のない会議を早く終わらせるか。

どのように語れば人に伝わりやすいか。

どのように空気を読んだ発言をするか。

 

 

これらを練習できるのは、新人の内です。

 

30歳手前になって、打ち合わせでのファシリテーション、発言、まとめ等の技術がないと、人に迷惑をかけます。

 

語り方も大事ですね、意見を言うことは良いのですが、若者感が抜けないと説得力に欠けてしまいます。

 

転職先で見限られる事もあるでしょう。

 

 

誰もその技術を教えてくれないかもしれませんが、そこはノウハウなので、トライアンドエラーを繰り返して身に着けると良いです。 

 

実際に私は転職した今になって、もっと前職でこのトライアンドエラーをやっていれば良かったと、後悔しています。

 

 

2. その会社の強みを知っておく

 

辞めたくなるようなクソな会社でも、その会社が会社として成立している理由があります。

 

それを全力で調べましょう。

 

会社の中に居る人間にしか分からない事が沢山あります。

 

私も赤裸々に綴っているこのブログですら、語れない部分がありますので、その秘伝のタレを会社にいる内に把握するのはとても大事です。

 

それを知っておけば、転職先でも経験として活きたり、仕事をしている中で顧客から一目置かれたりと、良い事だらけです。

 

なぜその会社のビジネスが成り立っているのか。なぜ辞めたくなる会社でも生き残っているのか。

 

その答えを見つけておくと良いでしょう。

 

 

3. 不満は貯めておく

 

転職した後になって、

 

「前の会社の方が良かった…」

 

 

こうなるのが一番悲劇です。

 

日立に土下座してでも戻りたい方のtwitterはこんな感じで盛り上がっていましたね。

 

www.2nn.jp  

 

今の会社に不満があるのであれば、どのようなところが不満なのかリスト化して、ストックしておきましょう。

 

良くあるのが

・体育会系のノリが駄目

・給料が低い

・配属が希望と異なった

 

という不満だと思いますが、1個2個だと、転職先でも同じ目に合う可能性が高いです。

 

転職してから、リストを思い返してみて、

 

やっぱり前の会社はクソだったな。

 

といつでも思えるようにしておくことをお勧めします。

 

 

4. 社会人マナーを叩き込んでおく

 

社会人マナーなんて、転職者に教えてくれる会社はありません。

 

言葉遣いやエレベーターの乗る場所といった基本的なビジネスマナーに加え、さり気ない心遣いというものは、人の品格を上げます。

 

そんなものやる事やってれば気にしなくていいだろ。ビジネスマナー身につけたら給料上がんのかよ?

 

なんて思ってしまう事も私にはありましたが、やはりこの辺の基本的な事ができる人間は転職してからも強いです。

 

ビジネスマナーのできる仕事のできる人と、

ビジネスマナーのできない仕事のできる人、

 

では、ビジネスマナーのできる人の方に仕事が来ます。重要なポジションが回ってきます。

 

それが理不尽ながら社会だと、私は思います。

 

 

合わない環境からはすぐに逃げることが、人生を無駄にしない方法だと、私も述べてきました。しかしながら、留まる事のメリットもあるということを認識したほうが良いと思います。

 

www.maker-quit.biz

 

両者を天秤にかけて、しっかりと後悔のない決断をして下さい。