大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

仕事で転職はどこに行っても同じ?嘘?本当?私の実体験(転職のアドバイス10)

rss follow us in feedly

 

新卒2年で大手メーカーを辞め、ベンチャーに転職した私です。

 

今回は会社を転職する時に言われる言葉、

 

「どこにいっても一緒だよ」

 

という言葉について、実体験を踏まえて、書いてみたいと思います。

 

ぶっちゃけ、一緒な部分もありますが、違うことの方が多い、というのが私の意見です。

 


f:id:pxeno:20191208175718j:image

 

1. 実際に同じだった事

 

では大手メーカーとベンチャー企業を比較して、同じと言えそうな部分について書きたいと思います。ちなみに私は大手メーカー(前職)に2年、ベンチャー企業(現職)に3年居ました。

 

(1). 人間関係が1番辛い

 

これはまさにどこにいっても同じ、かもしれません。仕事で何が一番辛いって、人間関係です。

 

仕事をする上では、例えフリーランスだとしても、誰かと働かないといけません。

 

お客さんに怒られることもありますし、仲間にキレられる事もあります。

 

これが違う事を期待した方はガッカリしたかもしれません。

 

しかし、後述しますが、1番辛いのは人間関係でも、その質については前職で現職で、違うかな、と思います。

 

(2). 仕事は大変なもの

 

お金を稼ぎますからね。仕事って大変ですよ。

 

前職でも残業、休日出勤はありましたが、現職でも残業、休日出勤は普通に有ります。

 

どちらも振替休日や代休はとれますけどね。

 

また、頭おかしくなりそうなくらい仕事が一気に来るときや、緊急対応は、どちらもありました。

 

もっと楽な仕事をしたい、と思うなら転職はしない方がいいと、私は思います。

 

仕事が楽になれば給料は下がります。むしろ、仕事は楽にならず給料だけ安くなる、リスクが高いです。

 


f:id:pxeno:20191209122456j:image

 

(3). 他の企業に対する劣等感

 

あの会社はいいな、とか、あの職種につけたらもっと人生幸せかも。

 

なんていう幻想を思ってしまうのは、転職してからも同じです。

 

隣の芝生は青く見える

 

とよく言いますよね。私なんて隣の人が頼んだラーメンが、自分のよりも美味しく見える事がよくあります(笑)

 

これは一生付きまとうでしょう。

 

人は嫉妬する生き物で、欲深いのです。

 

 

2. 実際に違った事

 

では、何が変わったか? 

 

どこにいっても同じだよ、仕事なんてどこいっても一緒なんていう言葉が嘘だってことを書きたいと思います。

 

(1). 人間関係の質

 

もちろん悩みの種は人間関係の事が多いですが、人間関係の質は全く違いました。

 

まずは味方意識です。

 

ベンチャー企業は社員がお互いに協力しないと、会社が潰れてしまいます。

なのでお互いに体調を心配したり、精神的に支える事が多いのです。

 

人間関係の悩みは、どちらかと言えば社外の事が多いですね。

 

前職なんて喧嘩や嫌な思いは、社内で起きる事が多かったですから(笑)

 

www.maker-quit.biz

 

よく大手企業はウェットで、外資やベンチャーはドライだ、なんて言いますが、私は大手企業の方がよっぽどドライだと思います。

 

それこそ自分が良ければすべてよし、な人が多かったですよね。

 

(2). 仕事内容は全然違う

 

何を根拠にどこいっても一緒と言うのか分からないくらい、

 

仕事内容は全然違う

 

と言うのが私の転職のケースでした。

 

まず、無駄な仕事がありません。社内の意味のわからないシステムを使ったり、大量の書類を整えたり、印鑑をもらったり。

 

そういう事が全くなくなりました。

 

なので仕事に正当に向き合えます。

 

よく言いますよね、大企業にいると、その企業でしか役に立たないスキルが身に付く、と。

 

ベンチャーでは、どこにいっても困らないスキルを身に着けている実感があるために、仕事へのモチベーションが高いです。

 

(3). 休みの取りやすさ

 

これで言えば、圧倒的に現職の方が取りやすいです。

 

前職は全ての打ち合わせが、お客さん、上司の判断で日程を決定されてしまい、全く自由に休日が取れませんでした。

 

それこそ旅行を予定して有給をとっていたのに、そこに大事な打ち合わせを勝手に入れられるということもありました。

 

現職では社員全員がカレンダーツールで、お互いの予定を共有しています。

 

なので、カレンダーツールに有給と入れているところに、打ち合わせを入れられる事はありません。

 

ベンチャーの方が新しい仕事スタイルをどんどん取り入れるので、働きやすい事は間違いないです。

 

 

3. どこ行っても同じ、思考停止おじさん

 

退職の意思を伝えたとき、

 

どこ行っても同じだよ

 

 

そんな事を言う方がいたら聞いてみてください。

 

「〇〇さんって、転職した事あるんですか??」

 

と。

 

大抵の方が、「知り合いから聞いた話」だったり、「他の会社を見ていて」だったり、

 

「自らの実体験ではない」はずです。

 

そして、

 

自分の人生を正当化するために「どこ行ってもに同じ」と言っている

 

こともあるでしょう。

 

人に辞められたら自分の会社を否定されたと感じてしまうのですね。

 

だから、どこ行っても同じ、とあなたに言う(自分を正当化する)のです。

 

そんな話を鵜呑みにしても、人生にいい事はありません。

 

私が今回書いたことは、私の実体験です。

 

一人でも多くの方が変な情報に惑わされず、いい人生を送れるように願っています。

 


f:id:pxeno:20191208210234j:image