大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

給料上がるんだろうか・・・ ベンチャー転職で不安になること(転職後の悩み1)

rss follow us in feedly

 

転職に誘導するようなまとめブログ。

 

ありふれていますね。

 

ああいうブログって、書く方はアフィリエイトで得をするんでしょうけど、読む方にとっては、一切得になりませんよね。当たり前の事しか書いてない。

 

 

私のブログは転職に誘導する気なんて、毛頭ないので、転職して良い事も悪いことも書いていこうと思っています。

 

そこで、今回の、転職後の悩みパートです。

 


f:id:pxeno:20190305133646j:image

 

1. 1ヶ月に1回は給料の事で悩む

 

私が転職した会社はベンチャーです。大手企業からベンチャーへの転職は、多いとは思いますが、それなりに悩みも出てきます。

 

やはり給料の面での苦悩は絶えませんね。1ヶ月に1回は給料の事で悩んでます。

 

 転職をしていなかったら、もっと多かったんだろうか・・・?

 

この先給料上がるんだろうか・・・?

 

会社が成功しなかったら・・・?

 

という感じですね。

 

人間ですから、強がっていても、不安になる時はなってしまいます。

 

 

2. 他人の言葉が胸に刺さる

 

他の記事にも書きましたが、私にとって今の仕事は天職で、趣味を仕事にしている毎日なんです。なので、土日祝も家で仕事関係の勉強をしたり、プログラミングをして生活をしています。

 

土日祝日にガッツリ休む派の方々は、「なんてバカなこと!」と思うかもしれませんが、私にとってはこれが楽しくて、充実した毎日なんです。

 

プライベートな話になりますが、そんな事を、毎回デートの度に彼女に力説しています。しかし、私の彼女は私とは逆で、仕事は仕事、プライベートはプライベート派閥です。

 

先日、ぐさっと言われる言葉を言われてしまいました。

 

私:「今週の土日も出勤するよー。 楽しいし、このプロジェクトが終わったら、会社も儲かるしね。会社での自分の株も上がるよ」

 

彼女:「それで、その仕事を必死にやって、インセンティブもらえるの?」

 

私:「裁量労働だからね。インセンティブはないねー。ベース級は年に比べて高い方だと思うけど」

 

彼女:「30才で1000万行く人もいるのに、そのくらいじゃ低いでしょ」

 

 

冷静に考えれば、彼女も滅茶苦茶なんですが、こんな時でも「ぐっさー」と来てしまいます。それがベンチャー転職組です。

 

私の頭には以下の事が次々に思い浮かびます。

 

「この先、俺の給料あがるのか!?」

 

「会社がなくなったとして、今より良い給与の会社に転職できるのか!?」

 

「年収1000万目標だけど、それまで粘ってられるか!?」

 

「何のスキルを身に着ければいい、、、 ああ遊んでる場合じゃない、、、、」

 

自分で書いてて思いましたが、軽くパニックですよね(笑)

 

 

3. 自分の価値観を信じること 

 

私としては充実した毎日を過ごしているので、給与は人並みで良いと思っています。

 

精神衛生上に良い毎日を過ごすこと=生きている事

 

という価値観を持って生きています。

 

しかし、本音を言えば給与は欲しい。子供も育てないといけない。彼女と旅行もしたい。

 

こんな時、「あぁ、メーカーを辞めなければ、給与が上がる期待を持ちつつ生活できていたのだろうか・・・・」 と思っちゃったりします。人間ですから。

 

そのリスクを考慮して転職したんだろ、と思うかもしれませんが、考えちゃいます。人間ですから。(二度目)

 

 ただ、人間ですので、周りの価値観に流されず、自分の価値観で生きていくことができるとも思います。

 

以下のサイトでもこんな事が書いてありました。

 

お給料リレー:キャリア振り返り - Qiita

 

「なんかすっごい転職に抵抗を感じている方も多いと思いますけど動くことも、残ることも、どちらもリスクです。若さはそれだけで価値があります。」

 

 若いうちに転職が正解だと信じたいです。

 

前の記事↓

 

www.maker-quit.biz