大手メーカーを新卒2年で辞めた前と後

新卒で入った大手メーカーを2年で辞めました。周りの意見に負け、好きでもない大手企業に就職した末路と、無事に自分の好きな企業に転職した現在を赤裸々につづっていきます。これから就職する人、転職をする人の参考になれば幸いです。

昔は良かったぁ… - 大企業のおじさん達から聞こえる呟きにイラッ (前職の不満点19)

rss follow us in feedly

大手メーカーを新卒2年で辞めた私です。

 

今日は前職の時に、よく聞いた言葉をご紹介します。

 

この言葉は、私の退職に拍車をかけました。

 

 

f:id:pxeno:20190227000331j:image

 

1. こんな無責任な言葉はない

 

昔はよかったぁ…

 

前職に居て良く耳にした言葉です。

 

特に60代の定年間近もしくは定年後の方から聞きました。

 

飲み会の席でしょうか。盛り上がってきて、聞いた言葉でした。

 

「昔はね、新人でも勉強してきなってアメリカに主張させて貰えてたんだよ」

 

「今は大変だね。景気が悪いから、そんな自由もないなんて」

 

 

そうだったんですねー、なんて昔話を聞くように頷いていましたが、私の心の中はドス黒かったですよ。

 

じゃあ今はどうなんだよ

 

って感じです。

 

 

少し外出申請をするだけで、

 

「その外出は意味があるのか?」

 

なんて言われる会社でしたから。

 

アメリカどころか、日本すら自由に周れない若者に言う言葉かって思ってました。

 

 

その他にも、申請書類が多すぎて、てんやわんやしている時、

 

「昔はね、こんな煩雑な申請や書類なんてなかったんだよ」

 

なんていう言葉も聞きましたよ。

 

私のように会社に不満を持ってない方だったら、

 

そうだったんですかぁー

 

で終わってるかもしれません。

 

しかしながら、私は下記の思いが心から離れませんでした。

 

 

2. 誰がこんな会社にしたのか

 

一言言わせて下さい。

 

そんな会社にしたのはあなた達では? 

 

何を他人事のように仰るの?

 

と。

 

「こんなの酷いよね。これから変えるようにしよう!」

 

みたいな言葉は一切聞こえてきませんでした。

 

つまり、全員が

 

「他人事」

 

なんです。

 

自分は退職するからもういいなんて考えてる方もいるんでしょう。

 

こんなんですよ。日本の大手メーカー。

 

 

3. 過去の情報は全く意味がない

 

実は私が前職に入社した背景には、この年代の方々のアドバイスがありました。

 

あの会社はいいよー。

 

あの会社は勉強させてくれるよー。

 

なんていう言葉。

 

あー、海外に勉強しにいけるのかなーなんて笑

 

真に受けた私は、入社してみてびっくり。

 

全て過去のことでした。

 

年寄りの言う事は聞くものだ、

 

なんて良く言いますが、正しくは、

 

 

年寄りの言う事は、古いから気をつけて聞くようにしろ

 

ではないでしょうか。

 

今の時代、世の中は昔に比べて物凄いスピードで動いている事を忘れてはいけません。

 


f:id:pxeno:20191127100239j:image

 

4. 最近の若者よりも最近のおじさんの方がひどいのでは?

 

最近の若者はすぐ辞めるとか、根性がないとか聞きますが、そんな酷い会社にしてしまった上の責任も大きいと思います。

 

まぁ、最近の若者に根性がないことは認めますが… 

 

下のせいにして、

 

自分らの非を省みない年寄

 

もいい加減にして欲しいですね。

 

老害は会社に居てもいいので、給料安く、窓際で大人しくしてた方が会社にとっては良いんじゃないかと。

 

だいぶ悪態をつきましたね。

 

ただ、実際に、彼らは若い世代の芽を摘み取るような事を日々しています。(多分悪気は無い)

 

そんな状況を見ると、大企業に将来はないなと思わざるを得ません。